英語学習コーチ・ジニーの【まいにちえいご】

楽しい英語はやり方次第。さぁ、英語にハマろう!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』をきっかけに英語学習にドはまりした話

スポンサーリンク

英語コーチ・ジニーです。

皆さん、英語『ボヘミアン・ラプソディ』は見られましたか?

2018年11月公開のこの映画、大ヒットでしたね。

映画館に何回も足を運ぶ人が続出したとか。

私も見に行きました。

確かに良い映画でした。

ジニーの頭の中では、その後かなーり長いことフレディが歌っていましたよ。

We are the champion, my friends ~   ♪ 

 

でも、今日お話するのは、私のことでなく、

この『ボヘミアン・ラプソディ』を見て、英語にドはまりしたMさんの話です。

f:id:liliy0505:20190529180507j:plain

『ボヘミアン・ラプソディ』を10回以上見たMさん!

私がコーチングさせてもらっているMさんは30代の女性です。

子育てが一段落して再就職をするために英語を勉強中ですが、

子どものお世話などあって、なかなか集中して英語を学ぶ時間がとれずに私のコーチングを受けられました。

そんなMさん、

『ボヘミアン・ラプソディ』を見て、大・大感激しちゃったんです。

Mさん曰く、「雷に打たれたような衝撃」だったそうです。

(どんだけ~?)

そして、映画間で10回以上見たそうです。

 

そして、英語の世界へ

以来、起きてる時間のほとんどがクイーン一色になったというから驚き。

曲を聴くのはもちろん、You Tubeでライブやインタビュー映像を見たりし始めました。

インタビューは日本語訳のないのもですよ。

なんせ、ぜーんぶ見たいんですから。

歌だって全部歌えるようになりました。

そのうち、もっともっとクイーンについて知りたくなったMさんは

本を読み始めました。

もちろん英語の本を。

電子書籍リーダーを買って、いつでもどこでも読んだそうです。

「電子書籍リーダーがあるとわからない単語があっても

すぐに調べることができるので便利ですよ。」

と前から伝えていたのですが、買うまでにはいたらなかったのに、

フレディのことを知りたい一心で即買いです(笑)

結局、クイーン関係の本を7冊読んだそうです。

マニアックな内容なんで、そのほとんどは日本語訳が出ていません。

でも、そんなのお構いなしです。

だって、読みたいんだから!知りたいんだから!

結果として、はじめは調べ調べしながら読み進めていたのが

ずいぶんすらすらと読んで頭に入るようになったそうです。

 

これぞ【疲れない英語の学び】

このブログで私がお伝えしたいとても大切なことのひとつがこれです。

英語を通して好きなことをする。

これ以上に、楽しくて、効率が良くて、身になる勉強方法はありません。

最高の学び方です。

逆に言うなら、このような要素がないと英語の勉強はなかなか続きません。

Mさんは自分の大好きなことが自分のやりたかった英語と結びついた

とても幸せな例ですね。

Mさんまでとはいかなくても、皆さんも自分にきいてみてください。

「自分の好きなことで英語に結びつけられるものななんだろう?」

「何語だって関係なく、やりたいこと、知りたいことは何かな?」

そこに【疲れない英語】のカギがありますよ。