英語学習コーチ・ジニーの【まいにちえいご】

楽しい英語はやり方次第。さぁ、英語にハマろう!

洋書で英語学習 中学生でも読めるおすすめ英語本

スポンサーリンク

英語コーチのジニーです。

この記事では、子どもを英語好きにするためのヒントをお伝えします。

 

子どもに英語好きになってもらうためには

その子の好きなものを通して英語に触れるのが一番です。

 

あなたのお子さんは何が好きですか?

何に興味がありますか?

 

そのことと英語をうまくリンクさせることができたら、

その子への英語教育は成功したも同然です。

 

ポイントは、

 

その子をよく見て、好きな物、関心のあるもの、得意なものへの

アンテナを高く張っておくこと。

 

タイミングも大事ですね。

その子の「知りたい!」「やりたい!」の気持ちが盛り上がっている時に

うまく導入できれば最高です。

 

わが家の中2の三男に、最近はまったのがこちらの本です。

Wonder

Wonder

 

 

 まずは日本語の本を紹介したら、面白くて

「英語で読んでみる」と、自分から言いました。

 

英語で本を読む、というのは英語力upにとても有効なので、

これまで何冊か「これ、読んでみたら~?」と勧めたのですが、

いまひとつ乗り気でなかったのです。

 

今回は彼の好みと、それと

タイミングがよかったのでしょう。洋書の購入となりました。

 

日本語と英語、比べながら読んでいます。

 

このお話は友人から教えてもらったのですが、

世界で300万部売れた児童書で、

大人にも子どもにも多くのことを教えてくれる良書です。

 

私も英語版を読んでいるので、共通の話題ができました。

思春期の子どもと共通の話ができるのは有り難いことです。

 

読んだらまた感想を書きたいと思います。

 

英語自体は児童書なので、日常会話が主で、とても平易な英語で書かれています。

中学生がまず挑戦する洋書としては最適だと思います。

 

kindle版もあるので、これで読むと辞書も要りませんしね。

うちの子のように日本語との平行読みもおススメです。

 

1冊読み通すと、ぐんと英語を読むスピードがあがりますよ。

 

ただし、

 

こういう場合、親の思いがあまりにも強く出すぎるとたいてい失敗します。

 

「読みなさい!」

とか

「絶対いいから!」

 

っていう親の言葉は、あまり聞いてくれないのが子どもです。

 

あくまでも、子どもの気持ちを最優先。

おすすめは、さりげなく。

 

ダメでも諦めず、アンテナを高くしておいて、

次の機会を虎視眈々と狙うのがよいと思います。