英語学習コーチ・ジニーの【まいにちえいご】

楽しい英語はやり方次第。さぁ、英語にハマろう!

英語が話せない人にありがちな5つのメンタルブロックの外し方

スポンサーリンク

 

 

メンタルブロックとは?

否定的に考えてしまう思い込みによる“意識の壁”あるいは“抑止する思考”のことです。

 私たちは中学や高校のときの学校の授業や受験勉強を通じて、ある程度、英語の知識を持っています。

それにも関わらず、英語が話せない。そんな日本人の人がたくさんいます人間が何か行動等を起こす場合に「出来ない」「ダメだ」「無理だ」と。

 

もし、あなたもそうだとしたら、

英語を話すときに起こりがちなメンタルブロックの外し方をお伝えします。

あなたの邪魔をしているメンタルブロックをさっさとなくして、

英語ができる自分になりましょう!

 

f:id:liliy0505:20190730112248j:plain

 photoBさんによる写真ACからの写真

 

その1 英語を話すのは恥ずかしい

 

解決法 →「気にしているのは誰の目?」と自分に訊いてみる 

 

「恥ずかしい」と思うのはどうしてでしょうか?

間違えたら恥ずかしい?

発音が下手だから恥ずかしい?

そういう気持ちがある人は

【誰にそう思われるのが恥ずかしいのか?】 

 自分に訊いてみましょう。

具体的な人が思い当たりましたか? 

日本人はとかく世間を気にしがち。考えてみましょう。あなたの英語を笑う人は誰もいないはず。もし、いたとしても、それを気にすることであなたに得になることは何一つありません。

 

間違えるのは当たり前、完璧じゃなくても大丈夫。

だって、目的は伝えることです。完璧に話すことではありません

不十分な日本語を話す外国人は可笑しいですか? 

そうです、人は許せますね。自分にも不完全な英語を話すことを許してあげましょう。

 

 

 その2 発音が悪くて恥ずかしい

 解決法 → ネイティブを目指さない。目指すのは伝わりやすい英語

 

発音に自信がない人は多いです。

もしかして、英語を話した時に訊き返された経験がトラウマになっているのかもしれません。

「え?」「何?」って言われると、発音が悪くて聞き取れなかったのかなと思ってしまいます。

でも、それはもしかしたら、声が小さかっただけかもしれません。

日本語を話していてもそういう時はありますね。

発音はきれいに越したことはありません。

わかりやすい発音だとコミュニケーションはよりスムーズです。

でも、今や英語を使っている人は母国語が英語という人より、外国語としての英語を使っている人の方が多いのです。地域によって発音に癖があるのは当たり前。

それでも、伝わればいいのです。英語は手段ですから。

ネイティブのようにきれいな発音ができるといいですね。

でもそれは目的ではないはず。

日本アクセントのある英語で世界で活躍している日本人は山ほどいます。

大事なのは道具ではなく、中身です。

 

(日本語アクセントについてはこちらの記事もごらんください)

 

 

www.englishcoachginny.com

  

その3 文法を間違えそう

 

解決法 → 難しい文法は不必要

 

英語を話すとき、文法が気になりますか?

「 しまった!do じゃなくて、 does だった!」 

「 ここは what かな? which かな?」

なんて、迷っているうちに、結局口に出せないことはよくありますね。

間違ったら、言い直せばいい。 

迷ったら、とりあえず言ってみればいい。

日本語を話すときのことを考えてみてください。

あなたは完璧な日本語でしゃべっていますか? 

そんなはずはないですね。言いたいことが出てこなかったり、言い間違いをしたり、話してるうちに支離滅裂になってきたり、そういうことあるでしょう?

母語でさえそうなのに、どうして、英語を話すときだけ完璧な文法が必要なんでしょう?

少なくとも日常会話に必要なのは中学校で習う基礎文法で十分です。

たいていの人は高校で難しい文法や言い回しを習っていますから、それを使わないと、と知らず知らずのうちに思ってしまいます。

中学の文法はその気になれば、数日(数時間でも)で復習できます。

難しい文法は上達したらだんだんと必要性が出てきます。それまではできるだけ簡単な文法を使いこなす練習をしましょう。

 

その4 ペラペラ話さなくては

ペラペラとよどみなく英語をしゃべっている人はかっこよく見えるかもしれません。

そんなふうになれたらいいですね。最終目的をそこに置くのはアリでしょう。

でも、あなたに必要な英語はそれですか?

ネイティブのように流暢にしゃべることでしょうか?

自分に必要な英語は、人と心を通わせるのに必要な英語かもしれないし、何かを正確に伝えることかもしれません。あるいは、話し合いに困らないための英語、という場合も多いでしょう。

それに、必要な英語力はどの程度のレベルですか?おそらくネイティブレベルが必要な場合は少ないと思います。語彙も、必要なものは限られているでしょう。

何から何まで、できる必要はないのです。自分に必要な道具としての英語は何か、よく理解しておきましょう。

英語を学ぶと言うと、学生の頃の勉強を思い出して、すべての文法、すべての語彙を理解しないといけないようなイメージを持ってしまい、始める前から壁の高さに怖気づいてしまう人がいます。

正しい目標レベル設定と、自分に必要なだけの英語は何かが見えると、その壁は越えられるものに見えてきます。

あまりに高い壁を見上げない。自分に超えられる壁をひとつずつ越えていく、そんなイメージで学習を進めましょう。そうやって進んでいるうちに、意外と自分では初めは思っても見なかった高い壁をいつの間にか越えてしまっていることも、よく起こりますよ。

 

その5 外国の人と話すのは緊張する

外国人と話すのに緊張してしまうという人の場合、その多くは、英語に対する自信のなさの表れです。

自分はたどたどしくしか話せない言葉を、相手は自由自在に使いこなしているのですから、なんとなく引け目を感じてしまうのは当たり前です。

でも、ここで当たり前のことを確認しておきましょう。

あなたの英語の能力と、あなた自身の能力はまったく関係ありません。

あなたの英語=あなた、ではないのです。

当たり前ですが、英語を使う場面で多くの人がこのことを忘れています。

あなたは英語の母語話者ではなく、英語学習です。

学習者が英語が上手くないのは当たり前であり、恥ずかしく思う理由は何もありません。もしかしたら、笑われたり、馬鹿にされたような気がしたりした経験もあるかもしれません。もし、そうなら残念でしたね。でも、ただそれだけ。それはあなたの問題ではなく、相手の問題です。引きずるのはやめましょう。

英語を話していようが、何語を話していようが、世界のどこに住んでいようが、その人はその人。世界のどこにも良い人もいれば悪い人もいる。気の合う人もいれば、気の合わない人もいる。そのことをわかっていると、目の前の人が何語を話す何人であろうと、あまり気負わず、対峙することができると思います。必要なのは、その時の自分の精一杯でコミュニケーションをとろうとする姿勢です。英語だけを自分を計る物差しにしないでくださいね。

 

まとめ

英語、特に話すことが苦手な日本人にありがちな5つのメンタルブロックとその外し方をお伝えしました。気づかないうちに身についている、負の思い込みを外すことで英語でのコミュニケーションはずいぶんと楽なものになってくるはずです。